閉じる

50代、60代でも勃起力は改善できる!若かりし日のみなぎる勃起力を取り戻す7つの方法!

50代、60代でも勃起力は改善できる!若かりし日のみなぎる勃起力を取り戻す7つの方法! ファーストヴュー

若かりし頃の力強い勃起を覚えていますか?

50代、60代だからって勃起力を諦める必要はありません。

何歳からでも勃起力は改善することができます!

今回の記事では、50~60代がみなぎる勃起力を取り戻す7つの方法を紹介していきます!

50代、60代で勃起力が低下する原因

そもそも50代、60代で勃起力が低下する原因は大きく分けて2つあります。

  • テストステロンの分泌量の低下
  • 血流の悪化

テストステロンの分泌量の低下

テストステロンは加齢とともに減少する

テストステロンは生殖機能の働きを促進させる勃起力に欠かせない男性ホルモンの1つです。

テストステロンは、主に以下の2つの働きをします。

  • 性欲を高める
  • 精子の質や量を改善する

特に性欲を高めることはとっても大切です。
興奮度=勃起力」と言っても過言ではありません。

強い性的興奮があれば、それだけ勃起力も高くなります。
口が悪くなりますがドブスの裸と、自分の好みドストライクのかわいい子の裸では、勃起の気合の入り方も全然違いますよね。

逆に性的興奮が弱ければ、ペニスは思うように勃起してくれません。

 

テストステロンは睾丸付近で多く分泌され、20代をピークに減少していきます。

テストステロンの分泌量は加齢によって減少していく。

出典:テストステロンについて-(大東製薬工業株式会社)

テストステロンの分泌量は、20代に比べると50代で42%、60代でなんと58%も減少してしまいます。

50代、60代で勃起力を改善するには、テストステロンの分泌量を増やし、性欲を高めなければなりません。

血流の悪化

海綿体の血液量が加齢とともに減っていく

勃起はペニスにある「海綿体(※)」に血液が集まることで起きます。
(※)海綿体:ペニスにあるスポンジ状の組織のこと。海綿体に血液が出入りすることでペニスが大きくなったり小さくなったりします。

つまり力強い勃起には「海綿体へスムーズに血液が入り込むこと」が大切なんですね。

しかし50~60代になると、今まで生活習慣が乱れていた人ほど血流が悪くなってしまいます。
血流が悪くなると、ペニスをガチガチに勃起させるだけの血液が海綿体に入りません。

結果「ふにゃちん」状態になってしまいます…。

50代、60代でも勃起力は改善できる!ギンギンになれる7つの方法

テストステロンの分泌と血流を促進させて、勃起力を取り戻す方法は以下の7つ。

  1. サプリメントを飲む
  2. 食生活の見直し
  3. ちんトレ
  4. 下半身の筋肉を鍛える
  5. 睡眠時間の確保・質を上げる
  6. ED治療薬を飲む
  7. 酒・タバコを控える

手軽さと効果の観点から評価して上から紹介していきます。

ぎんぎん君
これから紹介する「7つの方法」はどれも効果バツグンだが、効果が出るまでに3ヶ月は掛かってしまう。
しかし速効性がない分、勃起力を根本から改善できるぞ。ぜひ焦らずに取り組んでくれ!

①サプリメントを飲む

毎日サプリを飲んで勃起力を上げる

手軽さ…★★★★★
効果…★★★★★

サプリメントの中には、勃起力を取り戻すために必要な有効成分がギッシリと含まれているモノがあります。

特に以下の3つが勃起力改善サプリに配合されている代表的な成分です。

  • シトルリン…血流を促進して、ペニスに流れる血液量を増やす
  • アルギニン…テストステロンの分泌を促進する
  • 亜鉛…生殖機能の働きを促す

サプリメントは栄養補助食品なので医薬品のような速効性はありません。
しかしその分、天然由来の成分が身体に負担をかけず、じっくりと勃起力を改善してくれます。

勃起力を改善してくれるサプリは色々とありますが、ぎんぎん君が特にオススメするのが「ヴォルスタービヨンド」と呼ばれるサプリ。
先ほど紹介した3つの有効成分がケタ外れに配合されています。

勃起力を取り戻す!「ヴォルスタービヨンド(Volster Beyond)」
ヴォルスタービヨンドのパッケージ

ヴォルスタービヨンドと一般的な増大サプリの比較

ヴォルスタービヨンドはペニスを大きくする増大サプリですが当然、勃起力改善にも役立ちます。

  • シトルリン(1日あたり):801mg
  • アルギニン(1日あたり):282mg
  • 亜鉛(1日あたり):12mg

勃起力改善に欠かせない成分が全て入っており、それぞれ1日の目安摂取量を摂れます。
もちろん成分だけでなく、国内工場のみの生産なので安全性も申し分なし。

増大サプリとしては異例の30日間全額返金保証がついているので、まずはノーリスクで30日間試せるのが熱いですね。

ヴォルスタービヨンドをもっと詳しく知りたい人は以下の記事を見てくだい。

②食生活の見直し

食生活を見直して勃起力を上げる

手軽さ…★★★☆☆
効果…★★★★★

食生活の乱れは血流だけでなく、テストステロンの分泌量にも悪影響をあたえます

  • 外食やインスタント食品など、偏った食事が多い
  • 甘い物や冷たい物をよく食べる
  • 食べる時間が変則的

上記のような食生活を送っている人は要注意
血液の流れが悪くなり、テストステロンの量が減少している可能性が高いです。

勃起力のためにも、正しい食生活を送るようにしましょう。

★正しい食生活を送るコツ

  • 毎朝決まった時間に朝食を食べる
  • 塩分を摂りすぎない
  • 納豆、魚、野菜など栄養バランスを考える
  • 過食を控える

この4つのコツを実践するだけでも、かなり勃起力が改善されますよ。

ぎんぎん君
長年続けてきた食生活は、当然ながらいきなり変えることができない。
1つずつでも良いから、確実に「乱れ」を解消していこう!

③ちんトレ

ジェルキングをして勃起力を上げる

手軽さ…★★★★☆
効果…★★★★☆

ちんトレはペニス増大トレーニングとして有名ですが、勃起力改善にも役立ちます。

ちんトレの中でも、ペニスの血流が良くなる「ジェルキング」がイチオシ。

具体的なジェルキングのやり方は以下の通り。

  1. 暖かく濡れたタオルでペニスを包む
  2. ペニスが充分に暖まったら、ローションなどの潤滑油を塗る
  3. その際、ペニスを前後左右に軽く引っ張り半勃起状態にさせる
  4. 利き手でOKサインをつくり根本をつかむ
  5. そのまま亀頭の先まで血液を送り込むように移動させる(これで1ストローク)
  6. ペニスの先端まで達したら、もう片方の手でも同様のことを行う
  7. ④~⑥を連続的に行う
  8. トレーニングが終わったら再びペニスをタオルで暖める

手順が多くて面倒そうに見えますが、実は意外と簡単です。
なにより「オナニーをしながら」できますからね。気持ち良いので、むしろ積極的にやりたくなります。

そしてジェルキングはペニスの血流が良くなるだけでなく、テストステロンの分泌を促進する効果もあります。

血流もテストステロンも、勃起力のために欠かせないもの。
ぜひちんトレを試してみましょう。

下の関連記事では他のちんトレ方法も詳しく解説してます。

④下半身の筋肉を鍛える

スクワットをして勃起力を上げる

手軽さ…★★★☆☆
効果…★★★★☆

ペニスと繋がっている太ももとお尻の筋肉を鍛えることで、勃起力が改善できます。

下半身の筋肉を鍛えると以下の効果が得られます。

  • テストステロンが増え、精力がみなぎってくる
  • 下半身の血行が良くなり、ペニスがギンギンになる

加齢につれて下半身の筋肉はドンドン衰えていきます。
かといってジョギングやジム通いで身体を鍛えるのは、正直面倒ですよね。

そこでぎんぎん君は、家で手軽にできる「スクワット」をオススメしています。

スクワットのやり方・注意点

スクワットは効率よく下半身の筋肉を鍛えることができます。

コツは「正しい姿勢」で「ゆっくり丁寧に」やること。数より質にこだわっていきましょう。数だけこなしても効果がなく、身体を痛めてしまいますからね。

★スクワットの正しい手順

  1. 肩幅ぐらいまで両足を開き、つま先を外側に向けて直立する
  2. 背筋を伸ばしたままゆっくりとお尻を下におろす
  3. 下までおろしきったら5秒ほど姿勢をキープする
  4. 肛門が締まるのを意識しつつ腰を上げ、①の姿勢に戻す
    ※10回程度を目安に自分で回数を調節しよう!

★スクワットをやるときに覚えておきたい6つのこと

  • 背中が丸まらないようにする
  • 腰を下ろすときに膝から曲げないようにする
  • つま先が内側を向いてしまわないようにする
  • 質ではなく回数にこだわって雑な姿勢で回数をこなさない
  • 視線は正面にむける
  • しゃがむときに足のカカトが浮かないようにする

スクワットなら家でテレビを観ながらできます。ぜひ習慣にしましょう。

ぎんぎん君
筋肉は1日や2日でつくようなものじゃない。
最低でも3ヶ月は続けないと、効果的に育ってくれないぞ!

⑤睡眠時間の確保・質を上げる

睡眠の質を上げることで勃起力を上げる

手軽さ…★★★★☆
効果…★★★☆☆

睡眠は血流促進とテストステロンの分泌のために、絶対に欠かせません。

加齢とともにテストステロンは減少していきますが、睡眠不足によっても減少することがアメリカのシカゴ大学の研究報告で明らかになっています。

1週間の夜間睡眠制限を受けた若い健康な男性のこの小さな簡易サンプルでは、​​米国労働人口の少なくとも15%が経験した条件である10%〜15%減少した。これと比較して、正常な老化はテストステロンレベルが1年に1%〜2%低下することと関連している。

出典:若年健常男性の1週間の睡眠制限がテストステロン値に及ぼす影響

理想の睡眠時間は7時間程度
※あくまでも目安です。7時間を基準に、自分に合った睡眠時間を探しましょう!

毎日これだけの睡眠時間を確保するのは大変だと思いますが、勃起力改善のためにも頑張ってください。

そして睡眠の質を上げることも重要です。
睡眠の質が高ければ、少しぐらい睡眠時間が短くてもテストステロンがしっかりと分泌され、血流の促進に繋がります。

睡眠の質を上げるために、以下のことに気を付けて生活しましょう。

  1. 日中、陽の光を浴びて体内時計をリセットさせる
  2. 午後2時以降、カフェインをとらない
  3. 就寝1時間前からPCやテレビ、スマホなどの脳に刺激を与えるものを遠ざける

「寝る1時間前には刺激あることをしない」を実践するだけでも、かなり睡眠の質が上がりますよ。

⑥ED治療薬を飲む

ED治療薬を飲んで勃起力を上げる

手軽さ…★★★★★
効果…★★☆☆☆

ED治療薬は勃起力を改善する薬として有名です。

勃起力を格段に上げる即効性はありますが、持続性はありません。ここぞというときに使える特効薬だと考えてください。

ただぎんぎん君的にはED治療薬はあまりオススメできません。

というのもED治療薬はペニスへの血流を急激に促進させるため、いくつかの副作用が起きるからです。

  • 頭痛
  • 鼻粘膜の充血
  • 消化不良・胃痛
  • 胸痛・動悸

年齢のことを考えると、強制的に血流を促進させることは命の危険も考えられます。使用を考える際は一度、医療機関に相談してください。

⑦酒・タバコを控える

酒とタバコをやめて勃起力を上げる

手軽さ…★★☆☆☆
効果…★★★★☆

飲酒・喫煙は、勃起力を低下させる原因の塊です。

  • 飲酒⇒肝機能が低下してテストステロンの分泌量が減る
  • 喫煙⇒血管を萎縮させて血流を悪化させる

「若い頃からの習慣だからやめるのは難しい…」
「昔はやっててもギンギンだったから問題ないだろう」

こう考えている人は多いでしょう。しかし老化によって、身体の器官は確実に衰えています。

若い頃からしているといって、50代、60代になっても続けているとED(勃起不全)や生活習慣病になる恐れもあります。控える努力をしましょう。

★酒・タバコの控え方

  • 飲酒⇒休肝日を設けて飲酒の頻度を少しずつ減らす
  • 喫煙⇒電子タバコなど、もっと毒性が少ない製品で代用する

少し量を減らすだけでも、長い年月で見ればかなりの改善効果が期待できますよ。

ぎんぎん君
「どうしても誘惑に負けてしまいそう…」そんな時は、パートナーに宣言すると良いぞ。
「俺は喫煙するぞ!」と最初に言っておけば吸いにくくなるし、言葉にすることで、より意志が堅くなるのだ。

勃起力を取り戻して、有意義なセックスライフを送ろう!

男ならば何歳になっても、凛々しくそびえ立つ勃起力に憧れるもの。

今回ご紹介した改善方法は、時間こそ掛かるものの、確実な効果が期待できます。

若かりし日の勃起力を取り戻して、パートナーと有意義なセックスライフを送りましょう!

ぎんぎん君イチオシの超おすすめ増大サプリ!

●ヴォルスタービヨンド(VolsterBeyond)

ヴォルスタービヨンドのパッケージ

当サイトのダントツNo.1おすすめ増大サプリがヴォルスタービヨンド。

最大の特徴は他の増大サプリを圧倒的に超える配合量
特に増大に欠かせないシトルリン800mg・アルギニン282mg・亜鉛12mgを3粒で摂れるのはハンパじゃない。

確かな含有量により、かなり増大効果を期待できる。

またGMP認定工場生産による安全性も魅力だ。体に副作用が起こる可能性はゼロに限りなく近い。

今なら30日間の全額返金保証がついてくる。
実質「0円のノーリスク」で高品質の増大サプリを試せるチャンスなのでオススメだ。

ヴォルスタービヨンドの詳細はこちら