閉じる

頭を使う前にシトルリンを飲んで!脳をフル活動させて効率アップ!

突然ですが、あなたは3日前に食べた夕食を思い出せますか?

簡単な質問なのに、答えるのに時間がかかった人もいるかと思います。記憶力は年をとるにつれて悪くなっていくものですが、できれば可能な限り頭をクリアに保っていたいものですよね。

そこで重要になるのが、血流改善効果のあるシトルリン。
なぜならシトルリンは脳のパフォーマンスを上げ、思考力を正常に保つ働きがあるからです。

ということで今回はなぜシトルリンを摂ると脳のパフォーマンスが上がるのか、シトルリンを摂ると具体的にどのような効果があるのか、についてお伝えしていきます。

脳が正常に動くかどうかは血のめぐりにかかっている!

脳と血管には深い関係がある

そもそも脳に必要なものは酸素と栄養の2つ。この2つを使うことで脳は正常な思考を保っているのです。

食べ物から取り入れた栄養をエネルギーに変えるために酸素は必要になります。
つまり酸素を使うことで、ようやく脳は力を発揮できるようになるわけですね。

そして酸素も栄養も、血液に乗って脳まで運ばれてきます。
ということは、脳が正常に働くかどうかは血のめぐりにかかっているのです

血のめぐりが良ければ脳に十分な酸素と栄養がいきわたり、脳のパフォーマンスも上がります。

だるさ・眠さは血行不全が原因

血が十分に届かないとこんなことが起こる!

「なんとなく頭がだるくて仕事や勉強が捗らない…」、誰しもがこんな経験はありますよね。

これは脳に酸素や栄養が十分に運ばれていないのが原因。
脳のエネルギーが不足しているため機能が鈍っているのです。

また十分に食べ物を摂取していても、血のめぐりが悪いと酸素の供給が足りずに脳はうまく働かないことに注意しましょう。いずれにせよ、血のめぐりが悪いと脳機能は下がります

なぜシトルリンを摂ることで脳がフル活動するのか!

なぜシトルリンを摂ることで脳がフル活動するのか!

なぜシトルリンを取ることで脳がフル活動するのでしょうか?
それはシトルリンが脳への血液供給量を増やすから、つまり酸素と栄養の供給量を増やすからです。

シトルリンは血管を広くし、血のめぐりを良くする効果のある成分。その結果、血が脳にもっと届くことになりますね。
酸素や栄養が届くだけではなく、二酸化炭素や老廃物を回収してくれる役割も果たしてくれます。

十分な栄養の補給と不要物の排出の2つの働きにより、脳がフル活動することが見込めるのです。

シトルリンを摂ることで得られる脳への効果は具体的に3つあります。

記憶力が上がり、頭を使った後の疲労感が軽減される

記憶力が上がり、頭を使った後の疲労感が軽減される

シトルリンを摂ることで脳への酸素供給量がアップし記憶力が上がり、頭を使った後の疲労感が軽減されます。

2006年に松下電器(現Panasonic)株式会社が代々木ゼミナールと共同で「高濃度酸素を吸うことで人体にどのような影響が出るか」を実験しました。

予備校生77人を高濃度酸素を吸いながら英単語を勉強したチームとそうでないチームで分け、その試験結果を比べたのです。その結果、次のことがわかりました。

  • 記憶力が15%向上
  • 学習時の疲労時の軽減される

ただ酸素を吸うかどうかだけでこんなにも差が出るなんて驚きですね。
暗記が苦手な人、頭を使った後の疲労感に悩まされている人はシトルリンを摂るのがオススメです。

出典:高濃度酸素の吸引による記憶の向上効果を確認

集中力が切れにくくなる

集中力が上がる

シトルリンは集中力の向上にも一役買っているのです。

これもさっき同様、酸素が大きな役割を果たしています。なぜなら酸素が不足すると脳の活動が鈍くなるから。

皆さんも窓を締め切った部屋で勉強していて、なんだか集中できなかったり眠くなったという経験はありませんか?
それは空気中の酸素が段々減っていって、脳の酸素が不足しているのが原因。

窓を開けて新鮮な空気を定期的に入れ替えることが手っ取り早い解決策です。
しかし、そもそも酸素がまわりにどれだけあっても、きちんと酸素を脳まで届けられなければ意味がありません
血の巡りをよくすることも大切なんですね。

「いつも仕事中にすぐ別のことを考えてしまって手に付かない」
「テスト中にいつも集中力が切れてしまって、数学とかまじで無理」

などなど、いつも仕事中や勉強中に集中力が切れてしまいやすい人はシトルリンを飲んでみてください。
シトルリンが体に吸収・作用する時間を考えると、頭を使う30分前くらいに飲むと良いです。

血管性認知症を予防する

シトルリンは認知症防止になる

認知症という言葉を聞いたことがあるでしょう。
「何かを覚えたり・考えたりする機能が脳の障害によってとても低下してしまう」病気をまとめて認知症と呼びます。

認知症にはアルツハイマー型認知症・アルコール性認知症・レビー小体型認知症など様々な種類がありますが、中でもシトルリンは脳血管性認知症に効果ありです。

脳血管性認知症とは、脳の血管が詰まることが原因で発症する認知症のこと。
血管が詰まるとその先にある細胞に酸素が送られなくなるため、最終的には細胞が丸々死んでしまうからですね。

脳血管性認知症の特徴として、次のようなものが挙げられます。

  • 感情の起伏が激しくなり、すぐに泣いたり起こったりする
  • 脳の一部分の働きが悪くなるだけで、それ以外の場所の機能は失われていない場合が多い
  • 手足が麻痺して歩きにくくなる
  • 気分が落ち込む
  • 呂律(ろれつ)が回らなくなり、うまく話せなくなる

あくまで症状の一部を紹介しただけですが、この病気の恐ろしさは十分伝わってきますよね。
想像しただけでもかなり嫌です。

脳血管性認知症はシトルリンで予防することができます。
シトルリンの血管を広くする働きは特に手足の先や脳内の細い血管に強く働くため、脳血管性認知症の予防に特に効果的。

シトルリンは体の衰えが気になってきた中高年の方も摂るべき成分です。

シトルリンを摂って脳を活性化させよう

シトルリンを摂って脳を活性化させよう

シトルリンは血の巡りを良くすることで、脳のパフォーマンスを劇的に向上させてくれます。

「全然頭が働かない」
「ちょっと頭を使っただけで、かなり疲労感がある」
「集中するのは30分が限界」

こんな方はシトルリンを1度飲んでみると良いと思います。脳が活性化されて、いつもより自分の思考力が上がっていることに気づくでしょう。

また認知症を予防する効果もあるので「最近物覚えが悪くなってきたなぁ…」という中高年の方も取ってみてください。
100%防げると断言できるわけではありませんが、少しでも認知症になってしまう可能性を下げることができます。

おすすめのシトルリンサプリメントはこちら

シトルリンについてすべて分かるページはこちら