閉じる

精力剤は何歳でも効果が期待できる!男性機能を改善する2つの働きを解説します。

「若い頃のような朝勃ちが無くなった…。」
「性欲が落ちて、怠惰な毎日を送っている。」

こんな悩みを改善したくて、精力剤を飲もうとしている人は多いんじゃないでしょうか。

「でも精力剤って年寄りには効かなそう…。」

そんな心配は無用です。
精力剤は、何歳でも効果が期待できます。

この記事ではぎんぎん君が、精力剤に関する2つのことについて解説していきます。

何歳でも男性機能の改善を図る!精力剤の2つの働き。

歳を取ると、体はだんだん老化していきます。
それに伴い、男性機能も低下することに…。

★加齢で男性機能が低下する2つの原因

  • 血流が悪化して、勃起力が下がる
  • 男性ホルモンが減り、性欲が減退する

このように、加齢による男性機能の低下には血流男性ホルモンが関係しています。

逆に言えばこの2つさえ改善できれば、何歳になっても男性機能は回復するということ。

精力剤には「血流を促進」して「男性ホルモンを増やす」有効成分が豊富に含まれているので、年齢を問わない高い効果が期待できます。

1.【勃起力の低下】⇒血流を促進する

勃起は、ペニスに血液が流れ込んで起きます。

そのため血流は男性機能の維持に絶対欠かせない要素の1つ。

しかし加齢によって血管は老化し、血流が悪くなります。

だれもが、加齢にともない全身の血管が老化していきます。老化した血管は弾力性が失われます。

引用:血管の老化をすすめないためには?-日本心臓財団

結果、ペニスに流れ込む血液量が少なくなり、勃起力が低下してしまうんですね。

つまり勃起力を上げるには、悪化した血流を改善する必要がある、ということ。

良質な精力剤には、血流を良くする成分が豊富に含まれています。

★精力剤に含まれる血流を促進する有効成分

  • シトルリン…スイカから発見されたアミノ酸の一種。
  • アルギニン…エナジードリンクにも含まれるアミノ酸の一種。

シトルリンとアルギニンは単体でも効果を発揮しますが、一緒に摂取することで相乗効果による血流促進が期待できます。

アルギニンとシトルリンを組み合わせて摂取する事で、単独で摂取した場合に比べて血中アルギニン濃度上昇促進効果が確認されました。

引用:アルギニン×シトルリン=さらに血流アップ – 協和発酵バイオ

この2つがどちらも配合されている精力剤を選べば、勃起力の改善が期待できますよ。

2.【性欲減退】⇒男性ホルモンの分泌を促進する

男性ホルモンは、男らしさを形成するホルモン

男性の性行動・性機能を維持するのに重要な役割を果たします。

そんな男性ホルモンは加齢によって徐々に減少し、性欲減退を引き起こす原因になります。

加齢による男性ホルモンの減少が性欲を失わせることもあります。パートナーのことを愛しているのに、どうしてもその気になれないという場合、そんな可能性を疑ってもいいのかもしれません。

引用:加齢による男性ホルモン減少、性欲に影響も-読売新聞

「若い頃のような性欲が無くなって、漠然とした不安感がある」
「何をするにも、やる気が出ない」

これらは男性ホルモンが低下したことで起きる症状なんですね。

改善するには、減少した男性ホルモンを増やすしかありません。

亜鉛が豊富に含まれた精力剤を飲めば、男性ホルモンの生成をサポートできます。

「亜鉛は、男性では前立腺や性腺に高濃度に含まれていて、性ホルモンの合成や精子の生成などに深く関係しています。亜鉛が欠乏すると性的な機能が低下する可能性があり、アメリカでは亜鉛は“セックスミネラル”とも呼ばれています」

引用:男性の守り神「亜鉛」正しくとれてる? – NIKKEI STYLE

様々な男性機能の向上が図れる亜鉛は、男性ホルモンがかなり減っている50~60代の人に必ず摂ってほしい成分です。

ぎんぎん君
シトルリン&アルギニン&亜鉛を精力剤なら効率よく摂取できる!
継続して摂ることで、何歳でも男性機能の改善が期待できるぞ!

例外もある!精力剤の効果が期待できない3つのケース

これまで述べてきたように、精力剤に年齢制限はありません
加齢が原因で男性機能が低下している場合は、何歳でも精力剤の効果が期待できます。

しかし加齢以外の原因で男性機能が低下している場合は、精力剤の効果が期待できないこともあるので注意が必要です。

★効果が期待できない3つのケース

  1. ストレス・トラウマなどの精神的ダメージが原因
  2. 前立腺の手術が原因
  3. 著しい筋力の低下が原因

1.トラウマ・ストレスなど精神的なダメージが原因

トラウマやストレスが原因で勃起力が低下している場合は、精力剤では治せません。

「精力剤でトラウマがすっかり無くなった!」
なんてことは、まず有り得ませんからね。

精神的なダメージが原因で、勃起力が低下することを心因性EDと言います。

心理的・精神的な要因から起こる ED を心因性 ED と呼びます。うつ病や統合失調症といった精神疾患のみならず、会社でのストレスや夫婦関係などの問題、または幼少期のトラウマなど、誰にでも起こり、その原因は人によってさまざまです。

引用:心因性EDとは-浜松町第一クリニック

心因性EDの原因は様々で、特に年配の人に多いのがうつ病です。

65歳以上の人の場合、年間100人に1人がうつ病を発症すると言われています。

  • ボーっとすることが多い
  • 最近何をしても楽しくない
  • ものごとに興味・関心が湧かない
  • 食欲がない

これらの自覚症状があって男性機能の衰えを感じている人は、精力剤ではなくクリニックでの治療を試みましょう。

●参考文献

加齢とうつ病-医療法人 東永内科リウマチ科

2.前立腺の手術が原因

50代以上の発症率が高い前立腺がん
初期にはほとんど自覚症状がなく、早期発見するのが非常に難しい病気です。

前立腺がんを治すのには手術が必要ですが、その際に性機能が失われる危険があります。

手術療法は術後早期に性機能が低下します。その後性機能は6ヶ月から1年かけて徐々に回復しますが、なかなか術前の状態に戻ることは難しいとされています。

引用:前立腺がん治療後のEDについて

がんを摘出する際、勃起機能を司る神経線維にまでメスが入る可能性があるからです。

そもそも勃起できない身体になってしまっては、精力剤の効果は望めません。

「男性機能か命か、あなたはどちらを選ぶ?」
そんな選択を迫られたら、迷わず命を選びますよね。

切った勃起神経はどんな名医でも治せません。
残念ながら、後遺症として受け止めるしかないでしょう。

3.著しい筋力の低下が原因

運動の習慣がない限り、歳を重ねるごとに筋力が低下していきます。

人は誰でも高齢になると、筋肉を構成する筋繊維数が減少し、さらに筋繊維が萎縮してしまうことにより、筋肉量が低下します。

引用:運動機能の老化-健康長寿ネット

太ももの内側にある内転筋は、勃起を支える筋肉とつながっています。
そのため内転筋の筋肉が落ちると、勃起機能も低下してしまうんですね。

精力剤を飲んだところで、筋肉はつきません。
筋力が衰えた場合は内転筋を鍛えましょう。

★内転筋を鍛えるオススメのトレーニング「スクワット」のやり方

  1. 足を肩幅くらいまで広げる
  2. 太ももと地面が平行になるまで腰を落とす
  3. そのまま5秒間キープ
  4. 直立の姿勢に戻る
  5. ①~④を10回繰り返す

このメニューを毎日1~3セット行えば、内転筋を効果的に鍛えられます。

また下半身を鍛えることで睾丸付近が刺激され、男性ホルモンが分泌されることにつながります。

精力剤と併用すれば、さらなる男性機能の向上が狙えますよ。

精力剤を飲んで、いつまでもギンギンでいよう!

精力剤は何歳であっても効果が期待できます。

加齢による男性機能の低下は、体質改善を図ることで改善ができます。

しかし精神的要因や、術後の後遺症が原因の場合は例外です。

自分の男性機能低下の原因をしっかり把握した上で、精力剤の服用を検討しましょう。

良質な精力剤を選んで、いつまでもギンギンな毎日を送ってください!

ぎんぎん君イチオシの超おすすめ増大サプリ!

●ヴォルスタービヨンド(VolsterBeyond)

ヴォルスタービヨンドのパッケージ

当サイトのダントツNo.1おすすめ増大サプリがヴォルスタービヨンド。

最大の特徴は他の増大サプリを圧倒的に超える配合量
特に増大に欠かせないシトルリン800mg・アルギニン282mg・亜鉛12mgを3粒で摂れるのはハンパじゃない。

確かな含有量により、かなり増大効果を期待できる。

またGMP認定工場生産による安全性も魅力だ。体に副作用が起こる可能性はゼロに限りなく近い。

今なら30日間の全額返金保証がついてくる。
実質「0円のノーリスク」で高品質の増大サプリを試せるチャンスなのでオススメだ。

ヴォルスタービヨンドの詳細はこちら