閉じる

もう早いなんて言わせない!タイプ別早漏改善のポイント!

性行為がうまくいっているかどうかは、パートナーとの関係を長続きさせる上で重要なポイントですよね。

パートナーとのセックスが順調だとお互い楽しいですし、適度な運動になるため心身共に健康になることができます。またセックスが上手な男性は浮気されにくくなるというデータもあり、良いこと尽くめです。

しかし、中には「いつも自分だけ先に果ててしまって、パートナーを満足させられない…」といった悩みを抱える人も多いはず。セックスとは2人で作り上げるもの、1人で気持ちよくなっていたらオナニーと変わりません。

パートナーに冷められないためにも、自分に自信をつけるためにも射精に至るまでの時間を伸ばすことが重要になります。

そこで今回は早漏を改善する方法について一緒に勉強していきましょう。

早漏は4つのタイプに分類することができる

早漏は4つのタイプに分類することができる

ここでは早漏を「パートナーの女性が満足しないうちに男性が射精してしまうこと」と定義します。

そして早漏といっても4つのタイプに大別することができます。
自分がどのタイプの早漏なのか知ることが大切です。

  • 肉体的早漏…ペニス、特に亀頭が刺激に慣れていないことが原因
  • 精神的早漏…ストレス・トラウマなどが原因
  • 衰弱性早漏…加齢によって男性器周辺の筋肉が衰えるのが原因
  • 病理的早漏…生殖器付近の病気が原因

どれも原因が異なるんですね。1つずつ順番に確認していきます。

早漏の基準・見分け方・原因をどのサイトよりも丁寧に徹底解説する

肉体的早漏はペニス、特に亀頭を鍛えよう

肉体的早漏はペニス、特に亀頭を鍛えよう

肉体的早漏とは、ペニスが敏感すぎるのが原因となります。

射精とは快感が一定のラインを超えた時に起こるもの。
ペニスが敏感な人はちょっとした刺激でも大きく感じてしまい、すぐに射精してしまいます。

性行為でもオナニーでもいいのでたくさんペニスに刺激を与えるようにしましょう。
そうすることでペニスが鍛えられ、ちょっとやそっとの刺激では射精しなくなることが期待できます。

性行為前に自分で抜いておく

性行為前に自分で抜いておく

男性なら誰しもが経験したことがあると思いますが、精子のタンクが満タンに近ければ近いほど些細な刺激で射精してしまいますよね。

そこで早漏の人は性行為前に自分で抜いておくことで、本番時に射精しにくくなることが見込めます。
具体的には家をでる前や、相手がシャワーを浴びている時にオナニーするのがオススメ。

ただし性欲が湧きにくくなる・射精までにより多くの時間がかかるなどのデメリットに気を付けて下さい。

お風呂場で亀頭にシャワーをあてる

お風呂場で亀頭にシャワーをあてる

この方法は特に仮性包茎の方に効果的です。

なぜなら仮性包茎の方は平常時亀頭が露出していないため、刺激に弱くなりがちだから。
そこでオススメなのがお風呂場でシャワーを当て続けるというもの。

水温や水量を自由に調節できますし、お風呂場で行うので他人に見られる心配もありません。
また亀頭を清潔に保つことにもつながるので一石二鳥となります。

慣れないうちはなるべく人肌に近い体温(35℃~37℃)で、水流を弱めにして、5秒~15秒ほどトレーニングをするのがオススメ。
亀頭をもっと強くしたい人は我慢できる範囲でシャワーを当て続けてみましょう。

刺激の弱い体位でする

刺激の弱い体位でする

一口にセックスすると言っても、正常位・後背位(バック)・騎乗位などたくさんの体位がありますよね。
それぞれ姿勢や当たる箇所が違うため、体位によって男女ともに刺激が違うのは当然です。

相手が満足でき、なおかつ自分は長続きできる体位を探しましょう。
中でもオススメは座位です。

理由は男女双方とも腰を動かしにくく、快楽を求める体位というよりは密着感・結合感を楽しむ体位であるから。

また座位から様々な体位に移行しやすく、ヴァリエーションに富んだ性行為をすることができます。
刺激の弱い体位を模索している方は、まずは座位から試してみて下さい。

厚いコンドームを使う

コンドームを変えてみる

コンドームを変えることによって簡単に亀頭への刺激を和らげることができます。
今まで一種類しか使ってなかったという人は、この機会に他のコンドームをいくつか試してみるのがオススメ。

厚いコンドームを使用することで、ペニスを勃起させたまま長持ちさせることができるんです。

最近のコンドームは気持ちよさを重視しているため、薄さを強調した製品が多く売られています。
平均的なコンドームの厚さは0.01~0,03mmとなっていますが、中には厚さ0.1mmの商品もあります。

急に厚いものに変えると今度は遅漏になる可能性があるので、少しづつ厚くしていって自分にあった製品を見つけましょう。

刺激が少なくなる分、自分の快楽も半減してしまうことに注意してください。

「コンドームを2枚重ねるんじゃダメなの?」と思った人もいるかもしれません。

確かにコンドームを重ねることでも同様の効果を得ることが可能ですが、破れる可能性が上がってしまうんです。

コンドームに水や空気をいれて膨らませた経験のある人ならわかると思いますが、コンドームは圧力に対してとても強いですよね。

しかしゴムという性質上、摩擦やそれによって生じる熱にはとても弱く、コンドームを重ねることによってゴム同士がこすれ1枚のときよりも破れやすくなってしまいます。

 麻酔成分が含まれたコンドームを使う

厚いコンドームを使ってもあまり効果を実感できなかった方は、麻酔成分が入ったコンドームを使ってみてはいかがでしょうか?

このタイプの製品は、コンドームの内側に局所麻酔薬が塗られておりペニスへの刺激を弱めます。

使用後はオーラルセックス(口を使って行う性行為)ができないことに気を付けて下さい。

精神的早漏

精神的早漏

精神的早漏とは、その名の通りストレス・悩み・強迫観念などが原因です。

肉体的には問題のないことがほとんどなので、どうやって自分の心持ちをコントロールするかが大事になります。

これは早漏改善に限った話ではありませんが、良いセックスをする上でお互いのリラックスは欠かせません。1番忌避すべきなのは過去のトラウマに取り憑かれて、症状が次のように悪化してしまうことです。

  1. 以前、相手が満足する前に射精してしまった
  2. それがストレスとなり「早く射精しちゃダメだ」という強迫観念にとらわれる
  3. より早く射精してしまう

このループに陥らないようにするためにも、緊張しないことが大切です。

体調管理をしっかりするのはもちろん、行為中に相手とちゃんとコミュケーションをとったり前戯に時間をかけたりすることで落ち着いて挿入しましょう。

長時間のオナニーで自信をつける

長時間のオナニーで自信をつける

「自分は長い間射精を我慢できる」という成功体験をつくることで自信がつき、早漏が改善されることが見込めます。

具体的には長時間のオナニーにチャレンジしてみること。

自宅ならば刺激を好きなように調節できますし、もしすぐに果ててしまったとしても何も恥ずかしいことはありません。オナニーの時間を日々記録しておき、段々と時間を長くしていくのがオススメです。

腹式呼吸をする

腹式呼吸をする

一般的な呼吸(胸式呼吸)から腹式呼吸に変えることで射精しにくくなるんです。
2つ理由があるので順番にお伝えしてきます。

たくさんの酸素を取り入れて、心拍数を押さえる

興奮すると心臓がドキドキしますよね?
激しい運動も相まって、本番中の心拍数はとても高いものとなります。

当たり前のことですが興奮していればしているほど射精しやすくなりますよね。
そこで興奮を冷ますことが重要。

心拍数が上がっているということは、体内の酸素が足りていないということです。
なので酸素をたくさん取り込むことで、心拍数を下げることができます。

副交感神経を優位にする

副交感神経を優位にすることで、イキにくくなることが期待できるんです。
これだけ言われてもよくわからないと思うので、順を追って説明していきます。

私たちの体は意図的に動かせる部分(手や足)と、そうでない部分(心臓や胃)がありますよね。
この時後者の働きを担っているのが自律神経という神経です。

自立神経の中でも心身を活発にする交感神経体のメンテナンス・リラックスを担う副交感神経の2つに分けることができます。
この時息を吐く時間を長くすることで、副交感神経が活発に、つまり心身をリラックスさせることができます。

試しに皆さんも意識して呼吸してみて下さい。息を吐いてる時の方がリラックスしたのではないでしょうか?ただし本番中に腹式呼吸をするとなると中々難しいので、休んでいる間にやるのがオススメ。

  1. 5秒かけて鼻から息を吸い込む
  2. 10秒かけて口から息を吐き出す

基本的には①と②を繰り返すだけです。

その際お腹が膨らんでいるかをしっかりチェックしてください。
お腹がしっかり膨らんでいる=しっかり酸素が取り込まれている、ということにつながるからです。

衰弱性早漏

衰弱性早漏

衰弱性早漏は加齢が原因です。

私たちは年を取るにつれて、部位に関わらず筋肉がどんどん落ちていきます。

そして射精をコントロールする筋肉(射精管閉鎖筋)が弱まることによって、今まで我慢できていたものも我慢できなくなってしまうんです。

また、このタイプの早漏はオーガズムに達する前に果ててしまうという特徴があります。発射するというよりは漏れる感覚に近いそうです。

PC筋を鍛える

前立腺             出典:アステラス製薬「前立腺がん」

筋肉が弱まることで早漏になってしまうなら、その部位を鍛え直すことで早漏改善が見込めます。
具体的にどこを鍛えるかというとPC筋です。この筋肉は前立腺と肛門の間にあります。

鍛え方は実に簡単、肛門の開け閉めを繰り返すだけです。

通勤電車の中、デスクワーク中など様々なシーンで手軽にトレーニングすることができすので、時間を見つけて1日30回を目標に取り組んでみましょう。

病理的早漏

病理的早漏

若くてペニスが敏感でもなく、精神的問題も抱えていないのに早漏になってしまうケースがこのタイプ。

尿道・前立腺・膀胱などの泌尿器科系に病気があることが原因です。

自分が上記のどれにも当てはまらなかったら病理的早漏である可能性があります。
早漏改善のため・ご自身の健康のためにも早めに近くの病院に行って診察してもらいましょう。

早漏改善のためにやってはいけないこと3つ

早漏改善のためにやってはいけないこと3つ

ネットにはたくさんの早漏改善術が蔓延していますが、間違った情報を鵜呑みにしないように気をつけましょう。

誤った方法を続けると早漏が改善されないどころか、最悪勃起不全になってしまう可能性もあります。
しっかりとした知識を身に付けることが大事です。

寸止めオナニー・スクイーズ法などは危険…射精は我慢しすぎないで!

寸止めオナニー・スクイーズ法など…射精は我慢しすぎないで!

射精寸前まで刺激を与え、出そうになったらやめる…これを繰り返すことでペニスが刺激に慣れて耐久時間が長くなると言われていますが、それは迷信です。危険なので絶対にやめて下さい

なぜ危険かというと、本来外に出るはずだった精液を無理やり止めているため、行き場のなくなった精液が膀胱へ逆戻りする恐れがあるから。

射精寸前まで刺激を与えたら、最後まで出すようにしましょう。

 石鹸オナニーは病気を引き起こす可能性がある!ローションならOK

石鹸オナニーは病気を引き起こす可能性がある!ローションならOK

早漏とは膣内の刺激に耐えられなくて射精してしまうのが大きな要因、そこで膣内に似た環境でオナニーすることにより本番で射精しづらくなります。

挿入中の膣内は愛液で濡れているため、何か別の液体で代用する必要があります。
基本的には体に害がないものならなんでも構いませんが、石鹸は使用しないでください。

「石鹸は汚れを落とすものだし、衛生的で良いんじゃない?」と思った人も多くいることでしょう。

もちろん風呂場で石鹸を使ってペニスを洗うことはいいことなのですが、オナニーをするとなると話が違ってきます。

洗うときよりも激しく・長い間石鹸がペニスをまとっている状態になるので、必要以上に菌を落としてしまうんです。

その結果、本来病原菌と戦ってくれる菌(常在菌)まで殺してしまうので、病気にかかりやすくなってしまいます。オナニーにヌルヌル感を求めるならローション・ワセリン・ベビーオイルを使用して下さい。

ペニスを叩かないで!

ペニスを叩かないで!

勃起しているしていないに関わらず、ペニスを叩いて刺激に慣れさせるという方法があるらしいのですが、危険ですのでやめましょう。

恐らく強い力で叩いたことで神経が一時的に麻痺し、それを感度低下だと誤解されたため今日まで普及しているのだと思います。

実際の膣内以上の圧力をかけても意味がありませんし、なによりペニスが傷つく恐れがあります。
どんなトレーニングであれ優しく・ゆっくり行うことを心がけて下さい。

自分に合った改善方法で早漏を改善しよう

自分に合った改善方法で早漏を改善しよう

パートナーのためにも、男としての自信を取り戻すためにも早漏は改善しておきたいですよね。
そこで自分の早漏のタイプを知った上で、適切な方法でアプローチすることが重要です。

一朝一夕で治る病気ではないため、根気よく治療に取り組んでください。
そして自分が早漏だからと言って性に対して興味を失ってしまうのは、最も避けるべきことです。

毎日の健康的な食事・睡眠を欠かさずにパートナーと共に頑張りましょう。

精力アップにオススメの精力剤・サプリランキングTOP5