閉じる

海外産のペニス増大サプリってどうよ?国産サプリと3つ項目で徹底比較してみた。

海外産のペニス増大サプリってどうよ?国産サプリと3つ項目で徹底比較してみた。 ファーストビュー

「海外産の増大サプリって効果高そう!」
「海外産の増大サプリって安全なの?」

本記事では海外産の増大サプリに関する疑問を、国産サプリと比較しながら解説しています。

結局どちらがおすすめなのか?」についてもお話するので、海外産と国産、どちらを買うべきか迷っている方は参考にしてみてください。

ぎんぎん君は「国産の増大サプリ」をおすすめしたい。

結論から言うと、ぎんぎん君は海外産よりも国産の増大サプリをおすすめします

理由はシンプルに「日本人向けにつくられているから」です。
海外産と国産サプリでは、ターゲットそのものが全然違うんですよね。

前提として日本人と海外の方では、体質も食生活もまったく違いますよね。

海外旅行に行ったことがある方ならわかると思うでしょうが、

  • 海外の人ってみんなガタイやべぇ…
  • 料理の量多すぎじゃない?1人前の量じゃないでしょ。
  • 調味料の味しかしないけど、どんな調理してるの?

などなどビックリした回数は数え切れないと思います。

もっと具体例を出すと、日本人の1日平均摂取カロリーは2,000kcal前後、アメリカ人はほぼ2倍の約3,800kcalです。
参考:掲載版_161108_H27調査概要第1部/WatchFit – Average caloric intake by country, do we eat more than we need?

当然ですが増大サプリでも国産と海外産では違いがあります。
外人には効果のある海外産でも、日本人には効果がないことも十分にあり得る話です。

ぎんぎん君としては「日本人の体に合わせてつくられた増大サプリを飲むほうが効果を得られる可能性は高い」と考えました。

ぎんぎん君厳選!おすすめの国産増大サプリメントランキングはこちら

海外産と国産の増大サプリを3項目で徹底比較してみた。

ざっくり「国産がおすすめ」とは言いましたが、もっと具体的に2つを比較していきます。

比較したのは以下の3項目。

  1. 安全性
  2. 効果
  3. 価格

ただし一口に海外産と言っても、「どこの国?」となるのでもっとギュギュギュっと対象を絞りました。

国ごとのサプリ市場シェア率を、円グラフで表した図参照元:2016 NBJ Global Supplement Report

こちらのグラフはサプリ市場をどこの国がどのくらいの規模感で展開しているかを表したものです。

単体の国で見ると、市場の1位がアメリカ、2位が中国、3位が日本となっていますね。
なので今回は「海外産=アメリカ産」という認識で話を進めていきます。

ぎんぎん君
アメリカのシェアが圧倒的なのは、保険に入る人が日本と比べると少なく、健康は自己管理するのが当たり前の文化になっているからだ!

①【安全性】日本の方が安全、海外産は副作用がある

海外産のペニス増大サプリだと、副作用のリスクがある

日本の増大サプリは、色々な国で作られている製品と比べて1番安全性が高いです。
というのも、日本人の体質や食生活を意識して作られているから

普段の食事でじゅうぶんに摂取できている成分は含まれませんし、体のキャパを超えるほどの量が配合されていることもありません。

 

一方、海外産は日本人に合わせて成分が配合されてはいません。

外国人の大きい体格に合わせているので成分の含有量が多すぎたり、日本人が普段から摂っている成分を過剰に摂ってしまうことにもつながります。

つまり日本人の体には過剰摂取である場合があり、副作用の危険性すらあるんですね。
(※)お花に水をあげすぎると逆に枯れてしまうようなものです。

やはり日本人の規格に合わせてつくられたものが1番です。

海外産は危険な薬品が含まれている!?

薬事法によって、産の増大サプリには危険な成分は配合されていません

一方、海外産だと日本の薬事法が適用されないので、日本では販売を禁止されている薬品が配合されていることがあります。

その中で、代表的なものがバイアグラにも使用されている薬品の”シルデナフィル”。

シルデナフィルは効果が強く、危険性も高いため、日本では処方箋がないと購入できません。
シルデナフィルが起こす副作用は以下の通り。

  • 顔のほてり
  • 目の充血
  • 頭痛
  • 動悸
  • 鼻づまり
  • 目の奥の痛み

用法用量を守らないと「ヤバイ」可能性のあるシナデルフィルですが、海外産には普通に入っていることがあります。

実際にアメリカの男性が、シルデナフィルを含んだサプリメントを服用して亡くなってしまったニュースもありました。

アメリカで起こった男性用サプリメントの死亡事件

訳:製品を服用した翌日、McElwee(人物名)は低血圧に苦しんで意識を失い、心停止に入った。彼は生き残れませんでした。

引用:Father dies after taking male enhancement pill, family sues – KSHB.com 41 Action News

このニュースによると、製品にシルデナフィルが含まれていたことが明記されていなかったそう。

しかも、企業は「シルデナフィルが含まれてないとは言っていない」とシラを切ったそうです。

記事から分かるように、本国の人が死んでしまうほどの危険性を秘めた増大サプリが、外国には出回っています。
そのような死の危険性を知りながら、海外産のサプリに手を出すのは無謀でしょう。

日本ではこいういった被害を防ぐために、厚生労働省が危険な薬を使った製品の情報を頻繁にあげているので、チェックして下さい。
(参照:「健康食品」の安全性・有効性情報

「~フィル」とつく成分は危ない!

危険な成分の見分け方ですが、「~フィル」とつくものは基本的に危ないと思っておいてください。

もっと詳しく知りたい方は、以下のページに危険な成分が記載されているので目を通しておくと良いでしょう。

出典:医薬品成分(シルデナフィル及び類似成分)が検出されたいわゆる健康食品について|厚生労働省

FDA(サプリメントを監視する機関)の監視はきびしくない?

アメリカにはFDAという機関があります。
この機関の役割はサプリメントや医薬品が適切につくられているかチェック・監視すること。

FDAは定期的にcGMP(食品の品質を守るためのルール)を製造工場が守っているか抜き打ち検査を行います。

このcGMPのルールが非常に厳いがゆえに、アメリカのサプリメントの品質は非常に高いと言われているんですね。

しかし「上記の内容が事実でなければ」どうでしょう?
調べてみると、海外のサイトに驚くような記事を発見しましたので、ご覧ください。

訳:しかし、これらの機関(FDA)は、男性の性行為改善の製造業者、および「天然の」薬草製品であると思われるものに活性薬物を不法に含ませている人々(企業)に対して、ほとんど行動を起こしていないのです。これに対して起訴された人々の数はおそらく半減し、関係する犯罪者は数え切れません。

引用:The Dangers Lurking in Male Sexual Supplements | TIME.com

なんと、この記事ではFDAは増大サプリや精力剤を製造している人たちに対して行動を起こしていないと記載されています。

そうなってくると、アメリカ産の品質が高いという話も疑わしいですよね。
(※)FDAからの認可をしっかり受けていることが証明されていればその限りではない。

アメリカだから品質が高いという言葉は、海外産を売りつけたい企業が仕掛けた策略かもしれません。

②【効果】海外産は強力な薬品に頼り、国産は安全で確かな効果を発揮!

国産のペニス増大サプリは安全な成分を配合しているが、海外産のペニス増大サプリは危険な成分を配合している

海外産と国産では配合されている成分にも違いが見られます。

そこで国産と海外産の増大サプリに配合されている成分を比較して、どちらのほうが効果を発揮するのか検証していきます。

国産の特徴はL-シトルリンと動物系の素材

日本の増大サプリで用いられる成分の特徴をまとめました。

国産の増大サプリの特徴

大まかな特徴として、アミノ酸系のL-アルギニンやL-シトルリン、ミネラル系の亜鉛などを主要成分として配合しています。

また、すっぽん、マムなどを用いた動物系の素材も沢山用いてることも特徴として挙げられます。


主成分・動物系素材の特徴や効果

L-アルギニン:成長ホルモンの分泌を促す効果・男性機能を向上させる効果がある。
L-シトルリン:血流改善効果がある。ペニスへの血流が良くなることで、ペニスがパンパンに膨らみます。
亜鉛:セックスミネラルと呼ばれるほど性機能に関わりのある成分。
マムシ:アルギニンやたんぱく質が豊富に含まれている。効果は滋養強壮、精力増強、ペニス増大、疲労回復など。
すっぽん:亜鉛を多く含み、その吸収率が高い。アルギニンも大量に含まれ、男性ホルモンの分泌促進効果がある。

調べたことのある方や、服用している方からしたら聞いたことのある成分ばかりで納得して頂けると思います。

国産の強みの1つ、動物系素材に含まれる成分は人間の体にある成分とほとんど違いがありません。
つまり、動物系の素材は人の体に馴染みやすく、強い効果が期待できるのです。

分かりやすくするために、現実に置き換えましょう。

・学校=体
・日本人の転校生=動物系成分
・外国人の転校生=人工的成分

学校に日本人と外国人の転校生が2人同時に転校してきました。
日本人は1週間もあれば、教室に馴染み始めます。
ですが、外国人の転校生は言語の壁があったり、浮いたりして学校に馴染むのに1~3ヶ月ほどかかりました。

このように動物系の素材から出来た成分は、体が受け止めてくれるまでの期間が短いのです。

強力な効果を得るのに動物系素材は欠かせないパーツと言えるでしょう。

海外産の特徴は植物素材!

対して海外産の増大サプリの特徴は以下のようになっています。

海外産の増大サプリの特徴

L-シトルリンが配合されているものはほとんど無く、L-アルギニンや亜鉛を主成分として配合しています。

その他にマカや高麗人参、イカリソウなどの植物素材も多いのが特徴ですね。

これらに加えて、シルデナフィルなどの薬品を配合されていることもあります。
(※)先ほど上述したように、成分表に表記されていないことがあります。

植物素材の特徴や効果

マカ:精力剤にも使われる成分として有名。亜鉛やアルギニン、脂肪酸、たんぱく質を多く含んでいて、血流を良くしてホルモンバランスを整える働きがある。
高麗人参:古来から有名な活力成分。また、血行促進や代謝を高める効果をもつサポニンという成分が多いことが特徴。
イカリソウ:強壮効果や性機能改善効果がある。即効性はなく、ゆっくりと作用する。
シナデルフィル:ED治療薬にも使われ、体の血流を良くする働きをもつ。しかし、様々な副作用が発生する。日本では市販されていない。

海外の増大サプリにL-シトルリンが積極的に配合されていないことにはびっくりです動物性の成分をあまり配合しないのは文化の違いも影響していそうです)。
シトルリンと言えば増大サプリ成分の代表格ですからね。

また植物素材は増大サプリに欠かせない成分。
安全性が高く、動物系素材より安価なので多めに使えることが強みと言えるでしょう。

高い効果を持っていて、有効成分も多く含んでます。
しかし、動物系の素材に比べたら馴染むのが遅いというのが正直なところです。

海外産の増大サプリで効果が速いと謳っていたら、強い薬品が配合されている可能性が考えられます。

日本の方がL-シトルリンを配合し、高い効果を期待できる!

比較してみた結果、効果がより期待できるのは国産かなと思います

もう一度それぞれの特徴をおさらいしておくと、日本産は動物系の素材が中心で、海外産は植物系素材を主力として配合しておりました。

動物系のほうが速く馴染みやすく、植物系は徐々に体に馴染むなどの違いはありますが、効果に関してはあまり差がありません

しかし、日本産はもう1つの強みとしてL-シトルリンを主要成分として配合しています。

L-シトルリンは医薬品成分だったこともあり、その有効性が認められており、日本産では欠かすことの出来ない成分です。

危険な薬品に頼った海外産よりも、安全かつ強力なL-シトルリンをしっかりと配合している日本産のほうが優れていると言えます。

シトルリンの効果は?シトルリンについてまとめ!

ぎんぎん君
日本の増大サプリを選ぶ時はL-シトルリンが入ったものを服用しよう。日本ならではの成分を摂ってることに優越感が覚えられるぞ!

③【価格】海外産のほうが安い!国産は少々高め…

海外産のペニス増大サプリは安いが、その分粗悪品である可能性が高い

海外産は大体$40~$70(約\4000~\7000)ぐらいの値段で販売されています。
1日換算で\130~\230と手頃すぎるぐらいの価格です。

一方、日本は全然高いです。
1箱で1万円を越えるものはザラで、相場で言えば13,000円くらいでしょう。

コスパで言えば、断然海外産のほうが優秀なことがわかります。

ただし国産の場合、

  • 管理体制が厳しくコストがかかる
  • 質の良い安全な素材だけを使用している

ということもコストに関わっている部分かなと思います。

品質の高さが保証されているぶん、お値段が張るのは仕方ないことだとも言えますね。

海外産の増大サプリのサポートは日本だと受けづらい

日本の増大サプリであれば、返金保証があったり、何かあった時にメールなり電話なりでスムーズにやり取りできます

しかし海外産の場合は、そうスムーズにいきません。

  • 場合によっては英語でやりとりしなければならない
  • レスポンスが遅い
  • トラブルがあってもすぐ対応してもらえない

などなど、様々なことが面倒だったり無理だったりします。

しっかりとしたサポートを受けれる日本の方が、損をせずに色々な増大サプリを試せます。

安全性、安心感、効果の確実性の3つの点から、国産を買うほうが間違いないです。

増大サプリは国産を買っておくほうがベター。海外産はハズレを引くとやばい。

国産と海外産、2つの増大サプリを比較してきましたが、やはり最初に買うなら国産がベターです。

海外産でも効果がある商品はあるでしょうが、ハズレを引いたときの危険性が高すぎます。
死亡事件すらあるほどですからね。

もちろん国産も個人差によって効果を実感できない商品はあるでしょうが、安全性はバツグンです。

まずは国産の増大サプリから安心して増大生活をスタートさせましょう。

ぎんぎん君厳選!おすすめの国産増大サプリメントランキングはこちら