閉じる

精力剤の効果は飲酒・喫煙してても期待できる?3つの悪影響を徹底解説!

過度な飲酒・喫煙が健康に良くないということは、誰もが知っている事実でしょう。

「週末はベロベロになるまで飲んでしまう」
「食後に一服しないと食った気にならない」

こんな愛飲家・愛煙家の方は、精力剤の効果を弱めてしまいます

本記事では2つのことについて解説します。

  • 過度な飲酒・喫煙で精力剤の効果が薄れる3つの理由
  • 精力剤の効果を邪魔しない飲酒・喫煙のルール

精力剤とは?どういう仕組みで男性機能向上を図るの?

結論から言えば、飲酒・喫煙は確実に精力剤の効果を弱めます

詳しい解説の前に、まずは精力剤の効果についてぎんぎん君と一緒に見ていきましょう。
精力剤の効果を知っておかないと、なぜ飲酒・喫煙がダメなのかわかりづらくなります。

一般的に精力剤とは、体質を改善して男性機能の向上を図るサプリメントです。

精力剤に含まれている有効成分は、主に2つの効果を発揮します。

  1. 血流を良くする⇒ペニスに集まる血液を増やすことで、勃起力を上げる(*1)
  2. 男性ホルモンの分泌を促す⇒精力が増して、些細なことでも勃つようになる

(*1)そもそも勃起は、ペニス内部にある「海綿体」という組織に血液が集まることで起きます。

精力剤はあくまでも健康サプリの1種なので、風邪薬みたいに即効性はありません

1日2日では体質は良くならないので、2週間~1ヶ月以上は継続して飲む必要があります。

飲酒・喫煙が精力剤に与える3つの悪影響

さて、いよいよ本題に入りましょう。
冒頭でも述べたとおり、飲酒・喫煙は精力剤の効果を弱めます

それには飲酒と喫煙が体に及ぼす3つの悪影響が大きく関わっています。

  1. 血流が悪化する
  2. 肝臓の機能が低下する
  3. 神経の伝達能力が低下する
ぎんぎん君
どれもEDの原因ともなる悪影響だ。
せっかく精力剤を飲んでいても、これじゃあプラマイゼロになりかねん!

1.血流が悪化する

飲酒・喫煙が体に及ぼす悪影響として、血流の悪化があります。

★血流が悪化する原因

  • 飲酒…「過度のアルコール摂取」によって血圧が上昇し、血流が悪化する
  • 喫煙…「ニコチン」によって血管が萎縮し、血流が悪化する

精力剤で血流を良くしても、飲酒・喫煙で悪くしてしまっては意味がありません

しかも精力剤の成分は肝臓で貯蔵され、そこから血液と一緒に全身へ運ばれていきます。

つまり血流が悪ければ「摂取した有効成分が上手く全身に運ばれない」ということ。
完全に精力剤の血流改善効果と相反してしまいます。

2.肝臓の機能が低下する

飲酒・喫煙が肝臓に悪影響を与えるというのは、誰もが知っていることでしょう。

肝臓は主に3つの働きを持っています。

  1. 代謝機能(摂取した成分をカラダが利用しやすい形に分解・合成する)
  2. 解毒作用(アルコール・ニコチンの除去)
  3. 胆汁の生成・分泌

アルコールとニコチンは、体にとって非常に有毒な物質です。

その摂取量が増えれば解毒作用が追いつかなくなり、肝臓に大きな負担がかかります。

その結果、精力剤の成分を上手く吸収できなくなり、せっかくの有効成分が尿として体外に排出されやすくなってしまいます。

3.神経の伝達能力が低下する

過度な飲酒・喫煙をすると、神経の伝達能力が低下します。

「タバコを吸うと頭がくらくらする」
「飲み会のときの記憶がほとんどない」

こういった現象が起こるのは、神経がダメージを受けているからです。

神経がダメージを受けすぎると、ED(勃起不全)に陥る恐れがあります。

★神経とEDの関係性

正常な勃起のためには、神経が重要な役割を担います。(中略)そのため、いずれかの神経が障害を受けると、脳からの信号が陰茎まで伝わらず、EDの原因となります。

引用:バイエル薬品株式会社

EDの改善・予防の為に精力剤を飲んでも、過度な飲酒と喫煙を続ければ結局EDになる可能性が高くなります。

飲酒・喫煙ルールを守って精力剤の効果を高めよう!

精力剤の効果を得たいなら「禁酒・禁煙」するのが1番手っ取り早いです。
ですが、そんな簡単な話ではありませんよね。

「長年の習慣だし今更止めるのは…」
「付き合いもあるから、突然止められない」

誰だって、こんな心境のハズです。

そこで完全に禁酒・禁煙しなくても、精力剤の効果を発揮させる方法を伝授します。

★精力剤の効果を最大限発揮する方法

  • 飲酒:お酒は「適量」を飲む
  • 喫煙:電子タバコ(ニコチンフリー)で代用する

お酒は「適量」を飲む

色々とお酒の悪い面ばかりに触れてきましたが、実は適量なら飲んでも問題ありません。

あなたもご存知だと思いますが、そもそもお酒には血流を促進する効果があります。

少量の飲酒は、血管を拡張させて血液の流れを良くして血行を改善します。その結果、体が温かくなったり、疲労回復に効果があったり、血管が詰まりにくくなったりします。

引用:サッポロビール株式会社

つまり適量のお酒なら、逆に精力剤の効果が高まるということ。

「お酒の適量ってどれぐらい?」
「飲み過ぎの基準なんて分からない」

そんな場合は、厚生労働省が定めた「純アルコール数20g」を1日の目安にしましょう。

★純アルコール数の目安量

お酒の種類 適量 アルコール度数 純アルコール数
ビール 中瓶1本500ml  5%  20g
清酒 1合180ml  15%  22g
ウイスキー・ブランデー ダブル60ml 43%  20g
焼酎(35度) 1合180ml  35%  50g
ワイン 1杯120ml  12%  12g

出典:厚生労働省「アルコール」

表を見てもらうと分かるように、焼酎は1合180mlで純アルコール数が50gもあります。

精力剤の効果を高めるために、他のお酒を代用し適度(少量)な飲酒を心がけましょう。

電子タバコ(ニコチンフリー)で代用する

従来のタバコを電子タバコに変えて、有害物質の大幅なカットを図りましょう。

ですが「電子タバコなら何でも良い」ワケではありません。

ニコチンが入っている場合もあるので、精力剤との相性が悪い電子タバコもあります。

★主な電子タバコと精力剤の相性

Vape(ベイプ) PloomTECH(プルームテック) glo(グロー) iQOS(アイコス)
ニコチンフリー Vapeにはニコチンが入っていない PloomTECHにはニコチンが入っている gloにはニコチンが入っている iQOSにはニコチンが入っている
タールフリー Vapeにはタールが含まれていない PloomTECHにはタールが含まれていない gloにはタールが含まれていない iQOSにはタールが入っていない
精力剤との相性 Vapeは精力剤と相性がいい PloomTECHは精力剤と相性が悪い gloは精力剤と相性が悪い iQOSは精力剤と相性が悪い

精力剤の効果を最大限引き出すために、ニコチンフリーの電子タバコを選びましょう。

ニコチンフリーなら有効成分の邪魔をしませんし、EDの原因にもなりません。

「電子タバコじゃ絶対に満足できない…」
そう思うあなたも、一度試してみてください。

Vapeのように液状のリキッドを加熱させて蒸気を発生させる電子タバコは、大量の煙が出るので十分タバコの満足感を得られますよ。

ぎんぎん君
まずは「タバコの本数を減らす」ことから始めよう。
最大限とはいかなくても、精力剤の効果を高めることができるぞ!

精力剤を飲むなら「減酒・脱ニコチン」をして男性機能の改善を図ろう!

過度な飲酒・喫煙は、精力剤の効果を確実に弱めます。

精力剤の効果を受けるために、以下のポイントを抑えましょう。

  • 飲酒:お酒は「適量」を飲む
  • 喫煙:ニコチンフリーの電子タバコで代用する

男性機能の改善を図るため減酒・脱ニコチンを心がけ、精力剤を飲んでください。

ぎんぎん君イチオシの超おすすめ増大サプリ!

●ヴォルスタービヨンド(VolsterBeyond)

ヴォルスタービヨンドのパッケージ

当サイトのダントツNo.1おすすめ増大サプリがヴォルスタービヨンド。

最大の特徴は他の増大サプリを圧倒的に超える配合量
特に増大に欠かせないシトルリン800mg・アルギニン282mg・亜鉛12mgを3粒で摂れるのはハンパじゃない。

確かな含有量により、かなり増大効果を期待できる。

またGMP認定工場生産による安全性も魅力だ。体に副作用が起こる可能性はゼロに限りなく近い。

今なら30日間の全額返金保証がついてくる。
実質「0円のノーリスク」で高品質の増大サプリを試せるチャンスなのでオススメだ。

ヴォルスタービヨンドの詳細はこちら