閉じる

テレフォンセックスの方法とは?手順とコツ、相手の見つけ方について徹底解説!

テレフォンセックスの方法とは?手順とコツ、相手の見つけ方について徹底解説! ファーストビュー

テレフォンセックスではお金をかけずに家の中で女性を抱くことができます。
気軽に成功体験を積んで自信をつけることもできるので、「絶対に一度はやってみるべきプレイ」だとぎんぎん君は思います。

しかしテレフォンセックスは普通のセックスとはやり方が異なります。
きちんと方法やコツを把握しておかないと、本番で恥をかいてしまうこともありえるんですね。

本記事ではテレフォンセックスの詳しい方法やコツ、そして相手の見つけ方について紹介しています。
テレフォンセックスにチャレンジする前に一度目を通していただきたいです。

(※)「そもそもテレフォンセックスについて詳しく知らない」という方は以下の記事を参考にしてください。

テレフォンセックスとは?メリット・デメリットを知ればやりたくなる!

目次

テレフォンセックスの方法と手順!さり気なく誘うのが重要。

具体的なテレフォンセックスの方法・手順は以下。

  1. 趣味の話などの雑談で雰囲気を盛り上げる
  2. 盛り上がったと判断したら軽い下ネタをぶつけてみる
  3. 相手が下ネタに答えてくれたらお互いの服装を詳細に伝える
  4. 「感じる場所はどこなの?」などエッチな質問をしていく
  5. エッチな質問から自然にテレフォンセックスへ誘う
  6. 音や言葉を駆使してお互いの気持ちを盛り上げる
  7. テレフォンセックスでも終わったあとの会話は忘れずに

もちろん絶対にこの手順を守らないといけないわけではないのですが、最初はこれを参考にしてプレイすると失敗する確率が低くなります。

①趣味の話などの雑談で雰囲気を盛り上げる

①趣味の話などの雑談で雰囲気を盛り上げる

テレフォンセックスをするとき、決してガッついてはいけません
それはパートナーが相手でも、掲示板で出会った知らない女性が相手でも同じです。

女性は雰囲気を重視する生き物です。

もちろんテレクラや掲示板で出会った女性はあなたがテレフォンセックスしたいことを知っています。
しかし電話が繋がった直後に、「よーし、じゃあ俺とテレフォンセックスしよっか!」と誘ったら確実に電話を切られます。

好きな女の子とはじめてホテル行ったときに、そんな雰囲気ぶち壊しの一言を放つことはないですよね。

テレフォンセックスをしたいときは、まずは軽い雑談から始めましょう。
初対面の女性が相手の場合、お互いが「この人とテレフォンセックスできるかな」と見極める時間にもなります。

もしこの時点であなたが「この人とはちょっと合わないかな…」と感じたら遠慮なく電話を切りましょう。
その方がお互いのためです。

雑談の内容は趣味などの気楽なテーマがいいです。

「何歳なの?」「どこに住んでる?」などのプライベートな内容は最初の段階では避けたほうが賢明でしょう。
見ず知らずの会ったこともない男性とプライベートな会話をしたい女性はそうそういません。

②盛り上がったと判断したら軽い下ネタをぶつけてみる

②盛り上がったと判断したら軽い下ネタをぶつけてみる

雑談が盛り上がり、あなたがこの人とならテレフォンセックスしてもいいなと感じたら下ネタをぶつけてみましょう。

「SとMならどっち?」のような軽めのものが望ましいです。

相手の女性が下ネタにノリノリの場合は高い確率でテレフォンセックスに移れます。

③相手が下ネタに答えてくれたらお互いの服装を詳細に伝える

③相手が下ネタに答えてくれたらお互いの服装を詳細に伝える

容姿や服装を話すのは非常に大事です。
容姿の情報があるとテレフォンセックス時に妄想を膨らませやすくなるので、絶対に省かないようにしてください。

容姿の話をするのはいつでもいいのですが、なるべく最初は避けた方が無難です。

電話で容姿を伝える=テレフォンセックスの準備みたいなものなので、最初に容姿の話をするとガッついている印象を与えてしまいます。
それに容姿を伝えて雑談を始めてから「やっぱりこの人とはいいや」となったら時間の無駄になりかねません。

やはり軽い下ネタをぶつけてみて、「お、いけそうな気がする…」というタイミングがベストですね。

④「ひとりエッチとかしたりする?」などエッチな質問をしていく

④「ひとりエッチとかしたりする?」などエッチな質問をしていく

お互いの容姿をある程度伝え終わったら、今度はがっつりエッチな質問をしていきます。

「一人エッチはするの?」
「オナニーは週何回?」
「正常位とバックどっちが好き?」

などなど、ほぼなんでもOKです。
ここまで来たら、よっぽど変なことを言わない限り通話を切られることはありません。

⑤エッチな質問から自然にテレフォンセックスへ誘う

⑤エッチな質問から自然にテレフォンセックスへ誘う

そして「せっかくだからここでしてみてよ」と会話を繋げることでスムーズにテレフォンセックスに移れます。

基本的にテレフォンセックスは女性側から誘ってくることが少ないので、男性側から切り出すようにしてください。

⑥音や言葉を駆使してお互いの気持ちを盛り上げる

⑥音や言葉を駆使してお互いの気持ちを盛り上げる

その後はキスの音や舐めている音を出しつつ、お互いの気持ちを盛り上げましょう。

このとき、具体的な言葉を使うとイメージを膨らませやすくなります。
例えば「気持ちいいよ」より「ペニスが擦れて気持ちいいよ」の方が楽に想像できますし、相手も興奮してくれます。

⑦テレフォンセックスでも終わったあとの会話は忘れずに

⑦テレフォンセックスでも終わったあとの会話は忘れずに

そしてお互いがオナニーでイッたあとは、普通のセックスと同じようにピロートークを楽しみましょう。

すぐに通話を切ってしまうのは相手の女性に失礼ですし、雰囲気が台無しになってしまいます。
テレフォンセックス後のアフターがしっかりできれば、そのあとも関係が続くことだってあります。この時間は絶対大事にするべき。

とはいえ、あまりにも行為後の会話が長すぎるのは逆に悪印象になります。

無言の時間が多くなってきた、など終わりのタイミングを見逃さないようにしてください。

テレフォンセックスを成功させる6つのコツ

テレフォンセックスは通常のセックスとは違い、やや特殊なもの。

コツを知っておかないと本番で思わぬ恥をかいてしまう可能性があります。
ここではあなたが気持ちよくテレフォンセックスを行えるように、6つのコツをお教えします。

ぜひ参考にしてみてください。

声は「低く・ゆっくり」を心がける

声は「低く・ゆっくり」を心がける

テレフォンセックスでは、自分の気持ちや考えていることのすべてを声のみで伝える必要があります。

普段なら表情や身振り手振りで何となく気持ちを伝えることができますが、テレフォンセックスではそれができないので滑舌には特に気をつけるべきです。

テレフォンセックスという初めての状況に緊張して早口になってしまう危険性があるので、常に意識してゆっくり話すようにしましょう。

また、声をなるべく低くできればベスト。
以下のアンケートを見てください。

男性が思っている以上に、女性は低い声が好きなんですよね。

中には低い声を「嫌い」だと答えている人がいますが、理由は「聞き取りにくいから」です。

つまり聞き取りにくくない低い声であればいいと言い換えることも出来ます。
「低い声で聞き取りやすいようにゆっくり」話すことができれば、テレフォンセックスで女性を虜にできると言っても過言ではありません。

しかしあまりにも低い声を出した場合はそれこそ聞き取りにくいですし、行為の途中で思わず地声に戻ってしまう危険性があります。
無理しない程度に声を低くするのがコツです。

質問攻めはしない

 

質問攻めはしない

テレフォンセックスに限った話ではありませんが、相手の女性に対して質問攻めをするのは駄目です。
控えましょう。

電話だと無言が怖くてあることないこと聞いてしまいがちですが、あまりにもしつこく質問をしてしまうと相手の女性にウザがられます。

またテレフォンセックスでは、相手の女性も現実とは離れた非日常の時間を楽しみたいと思っている場合が多いです。
そんな人に「今仕事なにしてるの?」「彼氏いるの?」なんてプライベートなことをポンポンと聞いてはいけません。

プライベートな質問をした時点で通話を切られてしまうことだってあります

ぎんぎん君
ちなみに「どこが気持ちいいのか言ってごらん?」など、卑猥な単語を言わせようとする質問も好まれないぞ!相手がドMなら話は別だがな!

ひとりで静かになれる環境を作る

ひとりで静かになれる環境を作る

電話の時に声が大きくなる人が多いです。
どうしても片耳が塞がってしまうので、自然と大きくなってしまうんですよね…。

テレフォンセックス時に声のボリュームに不注意すぎると、卑猥な会話が外に漏れやすくなってしまいます。

もしあなたが実家暮らしなら、テレフォンセックスは家の中でするべきではありません。
家族からの視線が急に冷たくなったと感じることになるでしょう。

1人暮らしの場合でも、隣人などに聞かれないように少し配慮したいところです。

オススメは布団の中に潜ってテレフォンセックスをする方法。
外部からの音もシャットダウンできるのでよりセックスに集中できます。

ただ夏場に熱中しすぎると、熱中症にかかる危険もあるので気をつけてください。

LINEやSkypeの無料ビデオ通話を使う

LINEやSkypeの無料ビデオ通話を使う

もともとテレフォンセックスは通話のみで行うものでした。
しかし最近ではスマホなどが登場したので気軽に映像を送りあえるようになっています。いわゆるビデオ通話です。

このビデオ通話を使ってテレフォンセックスするのも◎

映像があるので、想像力をかき立ててセックスするという楽しみ方はできなくなりますが、直接的な刺激がほしい人にはオススメです。

しかし、ビデオ通話の場合はいくつかデメリットがあります。

  • 行為を録画されて脅される危険性がある。
  • 相手の姿が見えてしまうので理想の姿に妄想できない。

昨今では簡単にネットに動画を投稿できるようになりました。
もしあなたの行為が録画されてしまった場合は、それをダシに金銭を要求されてしまう危険性すらあります。

相手が信用できる相手でない限り、顔や身分が分かるものを映すのは控えてください。

絶頂のタイミングを合わせる

絶頂のタイミングを合わせる

テレフォンセックスのすべては「どれだけお互いを盛り上げることができるか」にかかっていると言っても過言ではありません。

例えば絶頂のとき。
まだ女性がプレイしている最中に男性側が先にイってしまっては興ざめです。

相手の女性はそれ以上プレイを続けることは難しいでしょうし、どことなくやるせない雰囲気が流れてしまいます。

これを防ぐためにも、なるべく絶頂のタイミングは合わせてください。
一般的に男性より女性の方が絶頂までの時間が長いので、男性側が気を遣う必要があります。イク直前になったら息を荒げるなどしてタイミングを明確にするのがベストですね。

あなたが早漏の場合は、なるべく絶頂までの時間を延ばせるよう普段から対策を練っておく必要があります。

もう早いなんて言わせない!タイプ別早漏改善のポイント!

またテレフォンセックスは基本的には音のみで行うものなので、もし先にイってしまっても演技で誤魔化せます

イってない振りをして相手の女性がイクまで演技してあげましょう。

こんな男は嫌われる!テレフォンセックスで覚えておきたい注意点

こんな男は嫌われる!テレフォンセックスで覚えておきたい注意点

テレフォンセックスには絶対に覚えておきたい注意点がいくつかあります。電話で行うセックスだと、相手に嫌われたらその時点で通話を切られてしまいがち。なので通常のセックスよりも気をつける必要があるのです。

ここでは「こんな男は嫌われる!」の代表例を2つご紹介していきます。

あなたがテレフォンセックスをする前に是非とも確認しておいてください。

行為が終わると同時に「ガチャ切り」

テレフォンセックスが終わった直後に通話を切ることをガチャ切りと言います。

これは絶対にやってはいけない行為です。魂に刻んでおいてください。

テレクラの場合は時間で料金が決まっているので、終わったらいち早く切りたくなる気持ちも分かります
。それに男性には賢者タイムと呼ばれるものもありますしね。

しかし男性と違って女性は行為が終わった直後は、まだ身体が興奮している状態です。
それなのに行為が終わった直後にガチャ切りしては女性に「なんなの?この人…」と思われてしまいます。

テレフォンセックス後の対応が男を上げるポイントです。くれぐれもガチャ切りだけはしないようにしましょう。

しつこくメアドや電話番号を聞きたがる

しつこくメアドや電話番号を聞きたがる男性を、世間では出会い厨なんて呼んだりします。
出会い厨の男性は高確率で嫌われてしまうのが現実…。

テレクラだと相手も出会い目的の場合が多いのですが、それ以外の場合はなるべく聞かないようにしてください。

「自分から聞かないし相手から聞かれても答えない」ぐらいがちょうどいい距離感だとぎんぎん君は思います。

相手の見つけ方!店舗型のテレクラは危険?

「パートナーとテレフォンセックスをするのではなく、風俗のように気軽に知らない女性とテレフォンセックスがしたい…」

こう考える人も多いことでしょう。
実際、ぎんぎん君も同じように考えています。

さ知らない女性とテレフォンセックスをする場合、もっとも気になるのは相手の見つけ方ですよね。

おおまかに3つの方法があります。

それぞれ詳しく解説していきます。

テレクラを利用する

テレクラを利用する

かつて社会現象にもなったテレクラと呼ばれるお店。
時代の流れとともに数が減少してきたとはいえ、まだそれなりに店舗があるので気軽に利用することができます。

テレクラでは実際に店舗に足を運び、個室で女性と電話します。

テレクラに来る男性はテレフォンセックスが目当てだ、と働いている女性も理解しているはずなので、スムーズに行為に移れることが大半です。

利用料金は1時間で2000円前後。
1分あたり30円前後ということですね。

安いように見えますが、通話していない時間でも料金が発生するので、誰ともテレフォンセックスできていない場合はお金の無駄になってしまいます。

結局高くつくので、ぎんぎん君はテレクラをオススメしていません

それ以外にも理由が2つあります。

  • 援助交際目当ての女性がいてスムーズに進まない。
  • 相手が美人局で脅迫される危険性がある。

テレクラを利用する場合は必ずこれらのことを頭に入れておきましょう。

援助交際目当ての女性がいてスムーズに進まない

テレクラでは援助交際目当ての女性が結構います。
「オイオイ…。こちとらテレフォンセックスを楽しみたいのに援助交際申し込まれても困るよ」となりがちです。

もちろんテレフォンセックスがしたい女性も中にはいるでしょうが、なかなかスムーズにいかないことを覚えておきましょう。

相手が美人局で脅迫される危険性がある

可能性は低いですが、テレクラを利用していると美人局に遭遇するかもしれません。

美人局とは女性を使った恐喝のこと。
一般的には女性といい感じになったところに相手の仲間である男性が現れ「俺の女に手を出しやがって!」と金銭を要求されることを言います。

「テレフォンセックスしたいの?だったら一度会ってからにしない?」なんて言われてウッキウキで待ち合わせ場所にいったら怖いお兄さんも一緒だった…。
こんな事態はなんとしても避けたいですよね。

実際に会わずに個室で済ませればこのような問題は起きないと思いますが、可能性のひとつとして頭に入れておくべきです。

ツーショットダイヤルを利用する

ツーショットダイヤルを利用する

ツーショットダイヤルとは男性が有料・女性が無料の会話サービスのこと。
(※)最近ではテレコミと呼ぶことも多いです。

要するに無店舗型のテレクラです
回線が通っていれば家からでもできる気軽さが魅力となっています。

ポイントで支払うことが多く、円で換算すると利用料金は1分あたり100円前後

テレクラより高いように思えますが、電話をしていない待ち時間でも料金を請求されるテレクラに比べて、ツーショットダイヤルは電話をしている時間で料金が請求されます。
結果的にはツーショットダイヤルの方が格安で済むことがほとんどです。

ぎんぎん君的にはテレクラよりツーショットダイヤルを利用した方が良いと思います。

安いという以外の理由が2つ。

  • 若い女性が多い
  • テレフォンセックスに持ち込める確率が高い

やはり客層・成功率から見てもこちらのほうが良いでしょう。

若い女性が多い

ツーショットダイヤルは雑誌やティッシュ広告を使って常に若い女性にアプローチし続けています。
なので比較的若い女性とテレフォンセックスできるという魅力があります。

そもそも若い人たちはテレクラの存在を知らない場合も多いので、どうしてもテレクラには若い女性が集まらないんですよね…。

「逆に熟女好きの人はテレクラを利用するのがいいのか」というわけでもなく、その場合は人妻・熟女専門のツーショットダイヤルを利用するのがオススメです。

テレフォンセックスに持ち込める確率が高い

ツーショットダイヤルの場合、明らかにテレクラと比べて援助交際目的の女性が少ないです。

そもそも援助交際をしたくないから電話で完結するツーショットダイヤルを使っている、という女性が多いですから。

さらにツーショットダイヤル系で働いている女性は通話した時間によって給料が変わってきます。
時給3000円なんて謳っている求人もありますが、あれは1時間通話すれば時給3000円って意味なんですよね。

なのでツーショットダイヤルでは女の子との会話が長続きしやすいです。
比較的時間のかかるテレフォンセックスを断る理由もほぼないので、かなりの確率でテレフォンセックスへと持ち込めるでしょう。

無料掲示板を活用する

無料掲示板を活用する

無料掲示板を活用する。
ぎんぎん君的にはこれが1番オススメです。

やっぱり無料なのが大きな特徴ですね。
他の2つはお金がかかってしまいますのでテレフォンセックスの気軽さがやや薄れている気がします。

時には非日常の刺激がほしい人妻が見つかるかもしれません。

こういった人妻は親しくテレフォンセックスをする仲になっても「会いたい」とは言ってきません。
会ったら明確に不倫となり今ある自分の生活が壊れてしまいますからね。

丁度いい距離感の女性が見つけやすいのも無料掲示板の特徴です。

しかし無料で利用している人が多い掲示板だと、どうしても詐欺業者が紛れているという問題もあります。
連絡をしてすぐに「会いたい」など言ってきた場合は詐欺業者である可能性が高いので、その後の連絡は控えましょう。

テレフォンセックスは自由。好きなようにやってみよう!

テレフォンセックスは自由。好きなようにやってみよう!

ここではテレフォンセックスの手順などについて詳しく紹介してきましたが、それが絶対的に正しいというわけではありません。

相手の女性によって好き嫌いがありますし、あなただって「このプレイは合わないな」や「こっちの方がいいんじゃないか」と感じることがあるでしょう。

そう感じたときは、ぜひ自分の思うように自由にテレフォンセックスをしてみてください。
自分と相手が楽しめるように方法や手順を考えるのも、テレフォンセックスの楽しみ方のひとつですからね。